看護ブログ!

なるほど納得! ナーシング~わたしの力をあなたの力に~

imagecut

平成23年11月19日(土)に第3回専門・認定看護師セミナーを開催しました。
今年は体験型のセミナーを増やし、実践に活かせる内容を伝え、専門・認定看護師の知識・技術を参加して下さる方の“力”として欲しいと考えたからです。京都府、滋賀県の病院・医院・訪問看護ステーションにご案内し、109名の参加があり、その内、22%の方が2年連続して参加して下さいました。
京都医療センターには、今年新たに「急性・重症患者看護専門看護師」「脳卒中リハビリテーション看護認定看護師」「糖尿病看護認定看護師」が誕生し、1分野の専門看護師、10分野の認定看護師と治験コーディネーターが活動しています。それでは、各セミナーの様子をご紹介します。

平成23年11月19日(土)に第3回専門・認定看護師セミナーを開催しました。

今年は体験型のセミナーを増やし、実践に活かせる内容を伝え、専門・認定看護師の知識・技術を参加して下さる方の“力”として欲しいと考えたからです。京都府、滋賀県の病院・医院・訪問看護ステーションにご案内し、109名の参加があり、その内、22%の方が2年連続して参加して下さいました。

京都医療センターには、今年新たに「急性・重症患者看護専門看護師」「脳卒中リハビリテーション看護認定看護師」「糖尿病看護認定看護師」が誕生し、1分野の専門看護師、10分野の認定看護師と治験コーディネーターが活動しています。それでは、各セミナーの様子をご紹介します。

緩和ケア認定看護師による『エンゼルケアを深めよう』では、エンゼルケアの最新情報を講義した後、実際にエンゼルメイク体験をして頂きました。エンゼルケアはセルフケアを補うという発想で行い、メイクはその人らしさを大切にすること、グリーフケアとして重要なケアであることを体験していただきました。急性・重症患者看護専門看護師、救急看護認定看護師による『知っ得!BLS!』では、根拠に基づいた確実な技術の獲得を目指し納得するまで何度もBLSの練習を行いました。脳卒中リハビリテーション看護認定看護師による『麻痺のある患者の移動動作』では、ベッドから車いすへ移動するときの「患者の力を活用したラクラク移乗」を実践してもらい、直ぐに役立つと好評でした。

今年新たな試みとして、糖尿病看護&透析看護認定看護師のコラボレーション企画として「糖尿病腎症患者さんに寄り添う看護師の話を聴いてみませんか」と題し、症例の振り返りを行い参加者と共に看護を考えました。また、急性・重症患者看護専門看護師によるシンポジウム形式の講義、各認定分野の活動を紹介したポスター展示も行いました。

参加者のみなさんは熱心で、働いている施設は違っても「より良い看護がしたい」「そのために知識を深めたい」という思いは同じだと改めて感じました。

実施後のアンケートでは、93%の方から来年も参加したいと回答がありました。これからも、地域の看護師のみなさまの力になれる、パワーアップしたセミナーを企画するためにメンバー一同頑張っていきます。

sozai 12_r1_c1

治験コーディネーター 松井 いづみ