独立行政法人 国立病院機構 京都医療センター看護部
ホーム>>看護部のご紹介>>病棟紹介
病棟紹介
各病棟での、看護部の状況をご紹介いたします。
一般病棟
 ●1病棟4階 1病棟5階 1病棟6階 1病棟7階 1病棟8階
 ●2病棟3階 2病棟4階 2病棟5階 2病棟6階 2病棟7階 2病棟8階
特殊病棟
 特別室個室病棟 緩和ケア病棟 手術室 集中治療室(ICU)
 ●新生児集中治療室(NICU)・新生児治療回復室(GCU) 救命救急センター
 ●救急外来 ●外来化学療法センター 内視鏡治療センター 
 
 1病棟4階

耳鼻咽喉科・頭頸部外科・形成外科・歯科口腔外科の病棟です。
食べること、声を出すことの機能障害のある患者さんに対して、医師・言語療法士・栄養士等と連携し看護を行っています。(写真は嚥下のリハビリを実施しています)

1病棟4階
 1病棟5階

泌尿器科・眼科・血液内科の病棟です。
主に手術と化学療法を受けられる患者さんが入院されています。
若いスタッフが多いですが、みんなで力を合わせて明るく元気に頑張っています。

1病棟5階
 1病棟6階

外科・消化器内科・腫瘍内科・呼吸器内科・総合内科の混合病棟です。
疾患の診断から、外科療法・化学療法・放射線療法、終末期医療・緩和ケアまで総合的に対応しています。コミュニケーションを大切に、患者さんに寄り添った看護ができるよう努めています。

1病棟6階
 1病棟7階

消化器内科疾患の病棟です。食道・胃・十二指腸・小腸・大腸・肝臓・膵臓・胆嚢に関連する臓器の病気の患者さんが入院しています。消化器科単科の看護師として、専門性を発揮するために臓器別にグループ活動を行い、チーム医療で看護の質の向上に努めています。

1病棟7階
 1病棟8階

呼吸器内科・外科、血液内科の病棟です。化学療法、放射線治療、手術療法、終末期医療・ケアまで総合的に対応しています。どのような時期にある患者さんへもリスクアセスメントを行い早期に対応できる力を持ち、全人的な視点からその人らしさを大切に考えた看護を実践していけるように、看護師、そして多職種とも連携し取り組んでいます。

1病棟8階
 2病棟3階

産科婦人科、小児科、総合内科病棟です。
婦人科は悪性手術を受ける患者さんも多くおられ、入院中はもちろん退院後も外来看護や保健センター・地域の施設と連携をとり継続的な看護ができるよう取り組んでいます。
産科では妊娠中から継続的な関わりを持ち、産後も健診や母乳外来でお母さんと赤ちゃんをサポートできるよう取り組んでいます。
助産師のラダー教育を行っており、助産師の育成に力を入れています。

2病棟3階
 2病棟4階

脳神経センターとして、主に脳血管疾患や神経筋疾患の患者さんに対して、急性期から慢性期まで幅広い医療に対する援助を行っています。
日常生活援助においては、残存機能を最大限に活用できるように看護を提供しています。

2病棟4階
 2病棟5階

整形外科の病棟で、年間約700件の手術を行っています。
手術前から、医師、看護師、理学・作業療法士、薬剤師、医療ソーシャルワーカーと連携し、それぞれの専門性を活かしたカンファレンスを実施しています。また、地域の医療機関との連携を図り、退院後の生活が充実するよう、最善の看護を提供しています。

2病棟5階
 2病棟6階

消化器外科・皮膚科の病棟です。
年間600件を超える手術を行っており、その約70%ががんの手術です。
手術や処置を安心して受けていただき、不安なく退院後の生活が送れるように、患者さんや家族に心を込め、チームで看護を行っています。

2病棟6階
 2病棟7階

循環器領域の内科系、外科系の看護実践を行っています。
看護の対象は、経皮的冠動脈インターベンションやアブレーション、ペースメーカー植え込み術を受ける患者、心臓外科・血管外科で手術療法を受ける患者です。
急性期から症状マネージメントだけでなく、退院後の生活が自己管理できることを目標とした指導も積極的に行い、専門性の高い看護の提供に努めています。

2病棟7階
 2病棟8階

内分泌代謝内科、糖尿病内科、腎臓内科の患者さんを中心に、慢性疾患と向き合う患者さんに寄り添った療養指導を行っています。
疾病コントロールに必要な知識の習得のため集団教室や個別指導など教育的な関わりをはじめ、退院後を見据えた生活支援を行っています。

2病棟8階
 特別室個室病棟

全診療科対応の全室個室の病棟です。「気」と「色」にこだわりカラーコーディネートされた静かで落ち着いた空間で過ごしていただけます。
プライバシーやセキュリティにも配慮しています。全診療科の疾患や治療に対応した看護を提供しています。

特別室個室病棟
 緩和ケア病棟

京都府がん診療拠点病院の中で初めての緩和ケア病棟です。
患者さんとご家族に寄り添い、多職種とも連携しその人らしく安心して過ごしてせるよう支援していくことを大切にしています。(ミスト浴を行っている場面です)

緩和ケア病棟
 手術室

手術室では19診療科の手術を年間約6000件行っています。
看護師は2交代制で、夜間の緊急手術にも対応しています。
固定チームを導入し手術室独自のキャリアラダーで教育を行っています。

手術室
 集中治療室(ICU)

ベッド数は6床で、診療科を問わず全身管理が必要な患者さんや重症患者を受け入れています。
他職種と情報共有しながら安全で安心できるチーム医療・看護の提供を心がけています。

集中治療室(ICU)
 新生児集中治療室(NICU)・新生児治療回復室(GCU)

NICUでは、在胎26週、体重800g以上の児を院内外から積極的に受け入れています。
新生児の細かなサインを見て異常の早期発見に努め、患児と家族に合った看護を提供しています。
GCUでは退院に向けて地域との連携を図り、多職種と連携してチームで成長過程をサポートしています。

新生児集中治療室(NICU)・新生児治療回復室(GCU)
 救命救急センター ICU・HCU

京都府南部を中心に、24時間体制で3次救急患者を受け入れています。
心筋梗塞等の重症循環器疾患・脳血管障害・重症多発外傷・呼吸器障害・熱傷・敗血症等の重症救急患者に対する救急治療や、腎障害患者の血液浄化療法、超急性期脳梗塞に対する血栓溶解療法、重症頭部外傷に対する低体温療法などの特殊治療、また、緊急薬物分析を行い、急性薬物中毒の治療も行っています。救急外来と連携をとりながら、救急患者に対応できる体制をとり、循環管理・呼吸管理を中心とした急性期患者の看護を実践しています。

救命救急センター
 救急外来

当院は1次〜3次まで全ての救急患者を受け入れています。
救急外来では知識、技術だけでなくチームワークコミュニケーションにも重視して、「all for patient!」(全ては患者さんのために! )の精神で日々の看護に当たっています。

救急外来
 外来化学療法センター

センターでは、がん、自己免疫疾患を患う10科の治療を行っています。患者さんの生活スタイル、希望を伺い「あなたらしい生活」が続けられる支援をスタッフ一同心掛けています。治療をより安全により快適に受けて頂けるよう努めています。

外来化学療法センター
 内視鏡治療センター

内視鏡検査・治療は、平成28年度は9,501件でした。
外来患者さんや入院患者さんに、安全で安心していただける早期の癌治療や、慢性的な癌治療の介助を行うための、治療介助ができるように、日々研鑽しています。

内視鏡センター
 


Copyright (C) 2009 NATIONAL HOSPITAL ORGANIZATION KYOTO MEDICAL CENTER